風俗と性病の歴史

第2次大戦前までの日本における風俗業の歴史について、文献などの記載をみると、古くは万葉集などから記載があります。
近代的公娼制の起源は、豊臣秀吉が京都に遊郭を設けたのが起源で、その後地方にも散在するようになり、江戸時代には江戸の吉原が大いに栄えたようです。
明治以降は遊郭が各地におかれ、貧困を原因とする身売りが社会問題となっていました。
第2次世界大戦後は、米兵を相手にする公娼(赤線)と一般の私娼が存在し、日本の公娼制度は昭和33年まで存在しました。
赤線で働く女性は性病検診が義務づけられ、業者直営の診療所による検診、行政による検診が行われていました。
昭和33年には売春禁止法により日本における公娼制度は消失し、それが形を変えて風俗営業として続いてきました。風俗営業の名称はさまざまで、ソープランド、ファッションマッサージ、SMクラブ、サロン、ピンクサロン、セクシーキャバクラ、ホテヘル、ホテトル、デリヘルなどがあります。
風俗業では、生理中の性交渉、コンドームを使用しない性交渉など、感染予防に対する配慮や性病 薬を利用した治療などが欠けている場合があります。
風俗業で働く人、利用する客の多くは、性感染の予防方法を知識としては知っていても実際に実行される割合は少ないんじゃないでしょうか。